授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 航海システム特論1
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
担当教員名及び
連絡先

担当教員名:佐藤治夫

連絡先:清水校舎8号館
佐藤治夫(研究室:8315) 
授業の目標
 海上に浮かんでいる船舶の位置測定、すなわち船位測定は船舶の安全運航の基本
である。
 本講義では、海上での3種類の船位測定、@陸測位置の線による船位決定(地文
航法)、A天測位置の線による船位の決定(天文航法)、B電波による位置の線を
用いた船位の決定(電波航法)について、航海に関する用語を基礎として、船位測
定の問題点および測定船位の誤差について講義する。
 航海システム特論Tでは、航海に関する基礎用語について英文テキストを用いて
講義を進める。
成績評価の方法
  
履修のポイント
留意事項

 海洋から取得されたデータは、そのデータを取得した位置(緯度・経度)が問題とな
る。それゆえ、航海に関する用語を基礎に測定した船位の誤差等を知ることは重要であ
る。
学部・学科必修/選択の別
海洋学研究科               海洋工学専攻               修士課程 選択

2014/09/16 11:32:17 作成