授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 水理学特論1
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
担当教員名及び
連絡先

  
担当教員 田中 博通
連絡先  清水校舎2号舘4階 2401研究室(内線番号2548)


授業の目標
 海上・陸上構造物を建設する場合や河川・海岸を整備、保全する場合において、水
の流れの性質を知ることが大切である。流体運動は、空間・時間的に変化することか
ら非線形現象であり、解析的に取り扱うことは困難となる。しかし、連続体の概念を
導入すれば簡単な流体運動や、様々な流体運動を近似的に求めることができる。ここ
では、流体の物性を理解した上で、流体運動を理論的に展開していくなかで現象的に
流体運動を理解することを目標とする。この授業により、流体運動のモデル化とそれ
を解くための数学的な手法を学ぶ。
成績評価の方法
  
履修のポイント
留意事項

 現象を詳細に記述した英文の専門書をテキストで使用し、ゼミ形式で授業を行うので内
容を理解しながら学ぶことが大切である。
学部・学科必修/選択の別
海洋学研究科               海洋工学専攻               修士課程 選択

2014/09/16 11:32:17 作成