授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 海洋構造物特論2
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
担当教員名及び
連絡先

未定
授業の目標
 海洋構造物特論Tでは、海洋空間利用や海洋資源・エネルギー開発に関わる海洋構
造物の強度や変形性、耐久性評価のための、動的解析法や疲労解析法などの合理的手
法を学習した。これを受け、特論Uにおいては実際の海洋構造物を対象に、限界状態
の理解、信頼性解析の寄与、材料特性と安全性との関係などを学習し、性能設計のた
めの背景や概念を理解し、実構造物への適応性を学習することを目標とする。
成績評価の方法
  
履修のポイント
留意事項

1)輪番性であたった学生は演習問題をみんなの前で解答する。
2)授業の開始30分は海洋構造物に関わる話題を提供するので、各自意見を述べて
これもレポ−トとする。

学部・学科必修/選択の別
海洋学研究科               海洋工学専攻               修士課程 選択

2014/09/16 11:32:17 作成