授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 心身医学特論
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
担当教員名及び
連絡先

宇佐見 敏夫
授業の目標
  カウンセリングや臨床心理面接の対象としては、病理の重いものから軽いものまでそ
の範囲は広い。その中核となるのは神経症圏の疾患で、中でも心身症は見逃すことので
きない重要なものである。この授業では心身症だけでなく、ストレス反応や他の心身医
学の領域にまで視野を広げ、神経症圏を中心として医学的な視点からクライエントを理
解することをめざす。
成績評価の方法
  
履修のポイント
留意事項

  精神医学特論とあわせて医学的な視点を統合的に養うことをめざしている。両科目を
連続して履修することがのぞましい。両科目は、臨床心理士の受験資格のための選択必
修D群に開設されている2科目である。受験資格取得のためにはどちらか1科目の履修で
も可であるが、上記の理由から2科目履修がのぞましい。
学部・学科必修/選択の別
文学研究科                コミュニケーション学専攻         博士課程前期 選択

2014/09/16 11:32:17 作成