授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 情報代数学 A
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
担当教員名及び
連絡先

志村真帆呂 講師
授業の目標
担当者の専門分野に関する文献を読みながら,新しい研究をすすめ,論文にまと
めることが本コースの最終目標である.扱う内容は年度により,又,担当者によ
り異なるが,グレブナ基底,可換環論,符号理論,初等整数論,コンピュータ代数
など,情報代数学の諸分野から話題を選ぶ事になる.(情報代数学特論 I〜IVの解
説も参考にせよ.)
 指定したテキストの輪講によるセミナー形式で授業を進める.受講者は自ら発表
することにより,受講者の間で,また,担当者との質疑応答を通じて,より深く
数学を理解することが出来る.
最近のコンピュータの進歩に伴い,伝統的な数学にも新しい局面が開けてきた.
大量の例を計算する事により,新しい予想が生まれたり,また,証明への重大な手
がかりがえらる事もある.Mathematica,Maple,Macaulay などの数式処理ソフト
ウェアを自由に使いこなせることが必要である同時に,数学の基礎理論を十分理解
している必要がある.コンピュータを最大限に活用し,代数学の最先端の問題に挑
戦してほしい.

成績評価の方法
  
履修のポイント
留意事項

セミナー形式であるから,十分の時間を掛けて準備をしてくることが
なにより大切である.受講者の努力と積極性が求められる.

学部・学科必修/選択の別
理学研究科                数理科学専攻               修士課程 選択

2014/09/16 11:32:17 作成