授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 応用数理学 B
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
担当教員名及び
連絡先

前田 陽一 教授
関川 浩  准教授
授業の目標
この講義は主として次のテーマの中から選ばれたテーマについての講義である。
(1)	球面幾何学の理論
(2)	アルゴリズム理論
(3)	カオス理論
 これらのテーマの説明を次に述べてゆく。
(1)球面幾何学の理論と、それを応用して各種の実際的な問題を解く方法を解説す
る。
(2) アルゴリズム理論は、コンピュータを能率よく使うための効率の良いアルゴリ
ズム
を研究する理論である。ソーティングや探索に関する各種のアルゴリズムとそれら
の効
率について調べる。また、文字列照合のアルゴリズム、近似文字列照合のアルゴリ
ズ
ム、圧縮したテキストパターンからの文字列を照合するアルゴリズムについての各
種の
話題を説明する。また、計算量の理論についても解説する。
(3)カオス理論は、微分方程式の理論や確率の理論であるエルゴート理論から発展
した
理論である。また、複素数の領域でカオス理論を考えた複素力学系の理論もあり、
ジュ
リア集合、マンデルブロート集合などについて解説する。

成績評価の方法
  
履修のポイント
留意事項

 数理科学に興味と熱意を持つことが大切である。



学部・学科必修/選択の別
理学研究科                数理科学専攻               修士課程 選択

2014/09/16 11:32:17 作成