授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 美術史研究A
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
担当教員名及び
連絡先

小野迪孝 教授

芸術学科美術学課程準備室 内線3470


授業の目標
 美術史の研究は、何らかの動機に突き動かされ、何らかの主題、目的、問題提起
を目指す。研究の方法は、材料、技術といった形式的側面から迫るもの、形が図像
や象徴を媒介として表す文芸的宗教的歴史的内容に着目するもの、また、環境、風
土、社会、政治、文化、自然科学、思想、宗教等、芸術活動の背景や隣接する諸分
野との関連を視野に納めるもの、作家論、世代論、類型論、ジェンダー論など特別
な観点に立つもの等、多岐にわたる。この授業では、必須の「美術学研究」で学ぶ
基礎作業と、「西洋美術史ならびに日本・東洋美術史特講」で提示される研究成果
との中間に位置する、上述のごときさまざまな要素のいずれかに焦点を合わせて、
美術史研究の実際を説明し実習する。





成績評価の方法
  
履修のポイント
留意事項

 テーマは多岐にわたるので、履修者は必ずシラバス「詳細」を参照し、当該セメスター
の授業内容について充分に確認すること。
学部・学科必修/選択の別
芸術学研究科               造型芸術専攻               修士課程 選択

2014/09/16 11:32:17 作成