授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 光工学研究ゼミナール4
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
担当教員名及び
連絡先

面谷  信 教授 
渋谷 猛久 教授 
前田 秀一 教授
室谷 裕志 教授
若木 守明 教授 
藤川 知栄美 准教授

授業の目標
 光工学研究ゼミナールは光工学に関する修士論文を作成するため、研究及び実験指
導を行うためのゼミナールである。修士論文作成のための担当教授がこのゼミナールを
通してそれぞれ指導を行う。まず研究計画を作成する。それに従い実験装置を組み立て
る。実験を行い、実験データを整理して修士論文を作成するが、この研究ゼミナール
を通してデータ整理や論文作成の指導を行う。中間発表を専攻の全指導教員が参加して
行い、プレゼンテーションの指導も行い、最終的に口頭での発表会を行う。
 研究ゼミナールにおける課題は次のごとくである。光情報伝送、偏光解析、光学薄
膜、フォトリフラクティブ効果、位相共役波、レンズ自動設計、光波センシング、ホ
ログラフィック光学素子、光メモリー、マイクロオプテイカルデバイス、エレクトロル
ミネッセンス、色彩評価、光エネルギー、光工学システム論、電子ペーパー、視
覚認識、カラー画像情報処理、画像記録表示、光生物学、光医学、光環境科学、光放
射計測に関する研究。



成績評価の方法
  
履修のポイント
留意事項

 修士論文を作成するため、指導教員のゼミナールを指定して受講すること。担当教授が
提示した研究テーマに関する研究情報を国内外の専門書と専門雑誌を通して、検索整理
し、研究計画を立てることが重要である。その上で実践した結果を考察し、結果をまと
め修士論文を作成する。

学部・学科必修/選択の別
工学研究科                光工学専攻                修士課程 選択

2014/09/16 11:32:17 作成