授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 地理情報システム特論
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
担当教員名及び
連絡先

横塚 英世 准教授
授業の目標
 地理情報システム(GIS)は,種々の地理情報(空間的な位置と関連付けが可能な情
報)を用いた意志決定支援システムであり,都市計画,河川・道路管理,上下水道・電
力・ガスの施設管理など様々な分野で,現在幅広く利用されている.リモートセンシン
グで得られる情報は,地理情報システムの有力なデータソースの1つであり,またリモー
トセンシングデータの解析においても,地理情報システムを利用することにより高度な
解析を行うことが可能となる.この授業の目標は,地理情報システムとはどのようなも
のであるかを理解することである.授業では,リモートセンシングとの関連に重点を置
き,以下のテーマを取り上げる.
 (1) 地理情報システムの定義
 (2) 地理情報システムの特長
 (3) 地理情報システムで用いられる空間表現モデルとデータ構造
 (4) 地理情報の入力・編集方法
 (5) 地理情報の検索・解析手法
 (6) 地理情報の視覚化方法
 (7) 地理情報システムの利用

成績評価の方法
  
履修のポイント
留意事項

 先修条件は特に指定しないが,リモートセンシング特論を受講しておくことが望まし
い.
 この授業は,教員側からの一方的な講義だけではなく,学生の調査・研究成果を発表
する形式も合わせて行う.
学部・学科必修/選択の別
工学研究科                光工学専攻                修士課程 選択

2014/09/16 11:32:17 作成