授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 宇宙探査工学特論
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
担当教員名及び
連絡先

田中 真 准教授


授業の目標
 宇宙機による地球・惑星・宇宙空間探査は世界の主要な宇宙開発国で行われ、
その探査範囲は時代とともに太陽系の広い範囲まで広がった。また高度な計測
技術を用いて、探査対象を集中的に詳しく調べることも行われるようになった。
宇宙探査工学は、宇宙機の1)軌道工学、2)計測器工学、3)通信工学など
を基礎とする、応用技術の集大成とも言える。
 授業では、世界の宇宙開発機関の動向を学びつつ、宇宙探査工学を支える3
つの技術をバランスよく学ぶ。そして机上という限られた世界ではあるが、ゼ
ロから宇宙探査ミッションを作り出し、定量的な考察を通してミッションを企
画立案する力を身につけることを目標とする。
成績評価の方法
  
履修のポイント
留意事項

 本科目は、学部の「宇宙航行力学」「宇宙計測工学」「衛星システム工学」などを基礎
として、その応用に関する科目である。力学、電磁気学、システムについて十分に復習
し、「宇宙計測工学特論」を併せて履修することを薦める。

学部・学科必修/選択の別
工学研究科                機械工学専攻               修士課程 選択
工学研究科                航空宇宙学専攻              修士課程 選択

2014/09/16 11:32:17 作成