授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 最適制御システム特論
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
担当教員名及び
連絡先

津田 慎一 教授

湘南校舎実験6棟2階航空宇宙第11研究室(内線4462)

授業の目標
 常微分方程式で記述された制御システムの最適制御について学ぶ。まずは、最適
化手法の基礎となっている変分法について学習する。この変分法に習熟するため、
力学系を例にとり、オイラー・ラングランジェの方程式を導く。続いて、変分法に
よる最適化問題の解法に基づき、最適制御問題の解法を与える。これを一般化する
ためベルマンの最適性の原理を応用して、ポントリャーギンの最小原理を導く。
成績評価の方法
  
履修のポイント
留意事項

 線形最適制御問題について、教材でいくつかの例題を学習し、その解法を習得し、そ
の航空宇宙分野における応用力を身につけることが重要である。特に、最小原理(最大
原理)自体は非常にシンプルな表現で表されるので、これに到る過程を理解しておけば
よい。また、線形二次系式の制御問題は応用範囲も広く、例題を通して学んでおくこと
が重要である。
学部・学科必修/選択の別
工学研究科                航空宇宙学専攻              修士課程 選択

2014/09/16 11:32:17 作成