授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 宇宙計測学特論
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
担当教員名及び
連絡先

田中 真 准教授


授業の目標
  宇宙通信や放送、気象衛星など、実生活に密着した宇宙機の利用が当たり前にな
り、最近ではGPS携帯も活用できるようになってきた。宇宙や宇宙機に関わる計測技
術は宇宙工学技術者にとって基本的かつ不可欠な知識として身に付けなければならな
い。計測工学は広範囲にまたがるが、特にこの授業では非接触の宇宙計測について深
く学ぶことを目標とする。
 1)電場、2)磁場、3)光、の3つの基礎学問を通して、計測への応用技術を学
ぶ。宇宙機に搭載されている計測装置や地上の研究設備が、この3つの基礎原理をも
とに製造され、宇宙科学や宇宙探査の計測に用いられていることを学習する。

成績評価の方法
  
履修のポイント
留意事項

 本科目は、「物理学」「応用電磁気学」「宇宙計測工学」などを基礎として、その応用
に関する科目である。高校の物理、大学の物理や電磁気学の教科書を見返し、力学、電磁
気学についてその基礎を十分に復習してから授業に臨むことを薦める。
学部・学科必修/選択の別
工学研究科                航空宇宙学専攻              修士課程 選択

2014/09/16 11:32:17 作成