授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 応用流体工学特論
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
担当教員名及び
連絡先

担当教員 遠山泰美
連絡先  清水校舎 8号館4階8418研究室
授業の目標
 本特論は流体力学的現象を理論的観点から厳密に理解し、応用出来るようになる
ことを目標としている。ここでは流体力学的現象のマクロ的取扱方法について学
び、工学的応用能力の向上をはかる。                    
   
 
                                     
 
                                     
 
     
成績評価の方法
  
履修のポイント
留意事項

・本科目は、微分積分、ベクトル等の基礎知識は十分あるとして行われるので、関連す
る授業は必ず履修しておくこと。
・本授業はお話でなく、工学的授業なので、復習は絶対行い、十分理解する必要があ
る。
学部・学科必修/選択の別
海洋学研究科               海洋工学専攻               修士課程 選択

2014/09/16 11:32:17 作成