授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 海事流体工学特論
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
担当教員名及び
連絡先

八木 光
授業の目標
一般船舶を対象とし、船体、プロペラおよび舵等の形状と抵抗、推進性能について
流体工学的な面から基礎理論を学習するとともに、その応用として船舶設計におけ
る速力馬力の推定、プロペラの設計、省エネルギー化等に関連した工学的応用分野
に関し流体工学的手法面から学習する。
また、流体に起因する船体の振動要因である流体起振力についても学習する。  
                 
                 
                                    
                                    
                                    

成績評価の方法
  
履修のポイント
留意事項

本科目は流体工学、船舶設計に関する基礎知識が十分あるものとして行われる。
電算機の利用方法、数値解析の学習をしておくことが望ましい。
学部・学科必修/選択の別
海洋学研究科               海洋工学専攻               修士課程 選択

2014/09/16 11:32:17 作成