授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 制御工学特論
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
担当教員名及び
連絡先

担当教員 渡邉 啓介
連絡先  清水校舎 8号館3階 8338研究室
授業の目標
 水中無人探査機を例にとって、その制御システムを構成している流体力学、運動力
学、制御工学などの分野につての理論を講述する。流体力学では、水中物体に加わる
流体力の特性を、運動力学では、航空力学に基づく水中における水中無人探査機の三
次元非定常運動方程式の扱い方を、制御工学では、PID制御、最適制御、ファジイ
制御などによる姿勢制御、誘導制御法について講義を行う。
成績評価の方法
  
履修のポイント
留意事項

海中・海底の調査や作業に多くの無人機が使われており、今後はさらに技術が高
度化していくことを念頭において授業を受講し、その基礎となる学問を理解する
ことが重要である。
学部・学科必修/選択の別
海洋学研究科               海洋工学専攻               修士課程 選択

2014/09/16 11:32:17 作成