授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 浮体運動システム工学特論
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
担当教員名及び
連絡先

寺尾 裕
授業の目標
波浪中における船体運動の基礎をここで学ぶことを目標とする。船体は波浪中で
6自由度の運動を行う。その中でも簡単な運動方程式で記述出来る、縦および横
方向の運動について学ぶ。波浪中のそれらの運動の多くはStrip Methodと呼ばれ
る実用的な計算方法により計算されるが、その基礎は2次元流体力を基礎とす
る。2次元流体力学は、通常複素関数によるポテンシャル場の理論により構成さ
れ、記述されるから、複素関数に対する基礎から学ぶことを目標とする。ついで
その応用問題として運動計算についての問題を解説し授業を進める。
成績評価の方法
  
履修のポイント
留意事項

基礎流体力学、船体運動学、物理学の基礎を履修してあること。不明な点は自力
で取り組み解決する努力を必要とする。
学部・学科必修/選択の別
海洋学研究科               海洋工学専攻               修士課程 選択

2014/09/16 11:32:17 作成