授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 船舶計画特論
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
担当教員名及び
連絡先

八木 光
授業の目標
本講義の対象船舶は一般的な商船とする。商船を新たに計画する場合、設計条件
が与えられる。一般的な例をあげると、最も基本的な条件は積載貨物、載貨重
量、航海速力である。この設計条件を満たすように、船舶の主要寸法、搭載する
主機関の出力、一般配置等を設計することが、船舶設計(または基本)設計であ
る。本講義では、船舶を計画する上で最も重要な船舶の主要寸法、および主機関
出力の決定法について詳述する。主要寸法と船体抵抗の関係、実用的な推進馬力
の算定法、プロペラの設計、主機関の選択、船舶推進の省エネルギー対策が主な
内容である。
成績評価の方法
  
履修のポイント
留意事項

船舶の主要寸法の決定と主機関の選択は、船舶を計画する上で最も基本的かつ重
要な設計作業である。この段階での設計ミスは致命傷となるので、設計法を完全
に習得して欲しい。
学部・学科必修/選択の別
海洋学研究科               海洋工学専攻               修士課程 選択

2014/09/16 11:32:17 作成