授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 視覚情報処理特論
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
担当教員名及び
連絡先

内藤誠一郎 教授
授業の目標
視覚系の情報処理を主として生理学的観点から講義する。マグノ系、パーボ系の機能、視
覚領第一野ハイパーコラムにおける輝度空間周波数、運動情報の処理、また第四野におけ
る色彩情報処理を解説する。具体的にはHubel, Wiesel, Livingstone, deValois, Zeki
等の論文、教科書の内容を教材に用いる。また、心理物理的現象もできるだけ解説する。
こちらは一連のゲシタルト心理の教科書、Rock, Ramachandran, Palmer等の著作、教科
書を教材に用いる。
成績評価の方法
  
履修のポイント
留意事項

「視覚情報処理特論」を習得するには電子情報学部、情報科学科における「脳科学」、「認知科
学」の講義内容をよく理解しておくことが望ましい。また同学科「情報科学実験」における色彩
知覚基礎実験、錯視基礎実験を履修して具体的な心理物理現象を体験しておくとよい。さらに願
わくば細胞生物学の基礎を習得してほしい。別途講義される「生体情報処理特論」の履修をすす
める。本講義は視覚に関する研究の一環として研究論文の基礎となるよう意図している。したが
って常に自分の研究と対比して、研究的、批判的態度で取り組んでほしい。また工学的画像情報
処理の講義とあわせて修得すればより効果的であろう。
学部・学科必修/選択の別
工学研究科                情報理工学専攻              修士課程 選択
工学研究科                電気電子システム工学専攻         修士課程 選択

2014/09/16 11:32:17 作成