授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 パルスパワー工学特論
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
担当教員名及び
連絡先

貫洞 正明 
授業の目標
 パルスパワーは時空的に貯蔵して得られたエネルギーで、このエネルギーを利用する学
問がパルスパワー工学と称されている。この応用として、軟X線リソグラフィ、エキシマレ
ーザなどから判るように、新しい分野の学問である。パルスパワーに必要な技術は、エネ
ルギー蓄積、パルス圧縮、エネルギー変換、スイッチングなど多岐に亘るため、基礎的学
問(高電圧工学、電磁気学、物理学、放電工学など)が必要とされる。講義は、内外の文
献を用いて、種々の技術をディスカッション形式で行う。
成績評価の方法
  
履修のポイント
留意事項

内外の文献を参考にするため、資料の予習を十分にして頂きたい。


学部・学科必修/選択の別
工学研究科                電気電子システム工学専攻         修士課程 選択

2014/09/16 11:32:17 作成