授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 アナログ電子回路学特論
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
担当教員名及び
連絡先

 平田 雅規

授業の目標
 今日、超LSI技術の進歩と共に、各種電子システムのディジタル化が急速に進展し
ている。しかし、一方では柔軟性に富んだより高機能のLSIを実現する上でアナログ
回路技術に対する要求も益々高まっている。アナログ/ディジタル混載型のLSIが究
極の超LSIであると言われているが、その性能を左右するのはアナログ回路技術であ
ると言っても過言ではない。このような背景から、本科目ではアナログ集積回路
(バイポーラ型、MOS型)を設計する上で必要不可欠な各種要素技術の修得を授業目
標にしている。具体的には、学部で学んだ電子回路の理論を基礎とし、演算増幅回
路、SPICEによる回路シミュレーション、メモリ回路、DA変換器とAD変換器について
学ぶ。これらによって、今日益々重要性が増しているアナログ集積回路の構成原理に
ついて学修する。
成績評価の方法
  
履修のポイント
留意事項

 この講義は、学部レベルのアナログ電子回路の理論が理解できていることを前提とし
て進める。したがって、本講義を受講する前に学部で学んだ内容を復習しておくとより
理解が深まると思われる。
学部・学科必修/選択の別
工学研究科                電気電子システム工学専攻         修士課程 選択

2014/09/16 11:32:17 作成