授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 生体情報工学特論
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
担当教員名及び
連絡先

曲谷 一成
授業の目標
 本講義は生体の仕組みを工学的に理解することを目的とする。生体は複雑な機能を持つ
様々な部分より構成され、それらが統合的に働く非常に精緻な構造体であるが、ここでは
主に生体の情報処理に伴う電気現象を取り上げる。具体的には神経繊維やその集合体であ
る脳の情報処理、様々な感覚器の構造と働き、運動によって発生する電気信号等について
考える。また他の生体現象も取り上げる
成績評価の方法
  
履修のポイント
留意事項

 文献の講読においては単に日本語に訳すのではなく、その意味するところを良く考える必要が
ある。文献の内容を理解するために、参考書を調査するなど自分から積極的に努力を行うことが
大切である。
学部・学科必修/選択の別
工学研究科                電気電子システム工学専攻         修士課程 選択

2014/09/16 11:32:17 作成