授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 物理数学特論
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
担当教員名及び
連絡先

沖村 邦雄
授業の目標
 工学系における専門科目の理解や各種の実験及び工学設計、数値計算において、
適切な数学を修得して利用することが要求される。このように、主に理工学系の諸
問題に適用される数学を物理数学と呼ぶ。本講義では、電気・電子系及び材料・物
性系の分野において応用性の高い物理数学について講義する。具体的には、偏微
分、微分方程式、ベクトル解析を主に取り扱い、物理現象の解析例を挙げながら講
義する。その過程で、対流微分、汎関数、変分法、固有値問題といった工学応用上
重要な数学について解説する。工学や物理現象の実例に対して適用される数学を学
ぶことで、実践的な物理数学の素養を身に付けることを目標とする。
成績評価の方法
  
履修のポイント
留意事項

 学部において、一通りの数学基礎科目及び応用数学を履修していれば、本講義をより深く理解
するのに有効である。
学部・学科必修/選択の別
工学研究科                電気電子システム工学専攻         修士課程 選択

2014/09/16 11:32:17 作成