授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 化合物半導体工学特論
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
担当教員名及び
連絡先

犬島 喬
授業の目標
 学部の電子デバイス関連の授業が主にシリコンを用いたデバイスの講義であったが、本
科目では学部の授業を基礎として、化合物半導体を用いたデバイスを講義する。講義内容
は次のとおりである。
(1)化合物半導体の作成方法
(2)化合物半導体の質量作用の法則
(3)p・nヘテロ接合デバイス
(4)ヘテロバイポーラデバイス
(5)ヘテロMOSデバイス
(6)半導体光デバイス

成績評価の方法
  
履修のポイント
留意事項

 授業は学部の「電子デバイス」の授業での理解を基礎とします。化合物を用いたデバイスの中
で、特に取り上げるテーマは、その最初の発見、発明になったアイデアの紹介を基本とします。
授業では演習問題を取り入れて講義を行うので、積極的に参加すること。
学部・学科必修/選択の別
工学研究科                電気電子システム工学専攻         修士課程 選択

2014/09/16 11:32:17 作成