授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 光通信工学特論
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
担当教員名及び
連絡先

 三上 修 教授


授業の目標
マルチメディア時代には、情報ニーズの高度化・多様化、デジタル化が進み、ネッ
トワークを介して流通する情報量は現在とは比較にならないほど増大します。この
膨大な情報を円滑に伝送・処理するために、光ファイバを中心とする光エレクトロ
ニクス技術への期待が大きい。この結果、光ファイバ網が高度情報化社会の新イン
フラクチャとして脚光を浴び、光ファイバ通信を中心とする光エレクトロニクス
は、ますます重要な学問になっています。
本講義では、光ファイバ通信の基礎となっている光エレクトロニクス全般の理解を
高めること、および光エレクトロニクスの最近の技術動向を学ぶことを目的としま
す。またこの講義を通して、最新技術情報の入手、学会発表の手法など、研究者と
しての必要不可欠な技法を学ぶことも目的としています。
In order to transmit and process the huge information data smoothly, the 
optical fiber communication technology is highlighted as a new 
infrastructure of the coming multimedia-society. The main aim of this 
lecture is to understand the optoelectronics technology which is the base 
of the optical fiber communication, and to learn a recent technological 
trend of optoelectronics.
成績評価の方法
  
履修のポイント
留意事項

ほぼ毎日掲載される光エレクトロニクス関係の新聞記事に注意を払い、今どういう技
術が話題になっているかについて、常に関心を持つことが重要です。

学部・学科必修/選択の別
工学研究科                情報理工学専攻              修士課程 選択
工学研究科                電気電子システム工学専攻         修士課程 選択

2014/09/16 11:32:17 作成