授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 海洋科学技術研究特論
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
担当教員名及び
連絡先

担当教員:川上哲太朗、木下正高、深澤理郎、丸山 正、川口勝
義
授業の目標
 海洋は、大気や陸域との相互作用を通じて地球環境の調和機能を果たしており、人
類をはじめ、地球上のすべての生命を維持する上で、不可欠な要素である。独立行政
法人海洋研究開発機構は、海洋に関する基盤的研究開発、それらに係わる成果の普及
および活用の促進、海洋の学術研究に関する協力等を総合的に行っており、最先端の
海洋科学技術を有する研究機関である。
 本特論は、大学院海洋学研究科と海洋研究開発機構との教育研究に関する協定に基
づき、最先端の海洋科学技術に関する総合的な知識・情報を修得することを目的とし
て、海洋研究開発機構所属の教員による講義を実施するものである。
 また、本講義の履修は、海洋研究開発機構所属の教員による研究指導への円滑な移
行に対して、非常に有用な役割を果たすものである。
成績評価の方法
  
履修のポイント
留意事項

 本講義の目的は、最先端の海洋科学技術に関する総合的な知識・情報を修得することで
あるから、内容は多岐に渡り高度なものとなる。したがって、積極的な授業への参加と、
講義内容に関する周辺知識の十分な用意が必要であることに留意すること。
学部・学科必修/選択の別
海洋学研究科               海洋工学専攻               修士課程 選択
海洋学研究科               水産学専攻                修士課程 選択
海洋学研究科               海洋科学専攻               修士課程 選択
海洋学研究科               海洋生物科学専攻             修士課程 選択

2014/09/16 11:32:17 作成