授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 看護実践科学論
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
担当教員名及び
連絡先

寺山範子、小島善和、中津川順子、石井美里、和田久美子
授業の目標
看護実践における科学的方法としての”看護過程”および看護の理論的アプロー
チ、看護モデルの適用は、看護という専門職ないし専門領域を特徴づけている。こ
の科目では、看護実践を支えているケアリングの概念、システム理論、情報処理理
論、意思決定理論、相互作用理論等について学修する。その後、現実的に実践場面
で活用されている看護実践理論や看護介入モデルを取り上げ、その創造性、成果、
看護の科学性、限界と倫理的課題について批判的検討を加えながら授業を進める。
主な授業目的は下記のとおりである。
1.看護の現象を判断するために理論応用がどのような意味を持つか探求する。
2.看護行為(介入)の選択に看護理論がどのように関与しているのか探求する。
3.現実に活用している看護実践モデルの有効性について分析・考察を行う。
4.看護実践からどのように理論が開発されるのかについて探求する。
成績評価の方法
  
履修のポイント
留意事項

1.最初は、看護実践を支えている主要な概念や理論について、解説・討議をしながら
すすめる。
2.次に、課題グループを編成し、選択した特定の看護実践モデルを紹介、その実践モ
デルの有効性や適用の意義、適用の限界等について、批判的に検討する。
3.選択科目「看護理論」や看護学専攻の各分野で学修した中範囲理論を関連づけなが
ら討議ができるようにすすめる。
4.看護理論のみならず、看護学に関連の深い人間科学/行動科学についても関心をも
つことを奨める。
5.各専門分野の看護特論を学修した後に、履修することが望ましい。
学部・学科必修/選択の別
健康科学研究科              看護学専攻                修士課程 選択
健康科学研究科              保健福祉学専攻              修士課程 選択

2014/09/16 11:32:17 作成