授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 福祉政策論
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
担当教員名及び
連絡先

矢野 聡
日本大学法学部教授
東海大学健康科学研究科非常勤講師
授業の目標
 本講義では公共政策としての福祉、という観点から社会福祉のサービスの本質に
ついて述べる。次に近代における社会福祉事業の位置と戦後の社会福祉事業の特徴
と問題点について指摘する。さらに1980年代から顕著になった福祉経営概念の明確
化、一般ビジネスと社会福祉サービスとの相違を述べ、社会福祉政策の政策遂行過
程の分析とその要点について説明する。さらに2000年以降に顕著になったネオリベ
ラリズムの政策と行政の対処の過程についても分析する。講義は演習方式とし、な
るべく現実に即した実践的な立場から行う。
成績評価の方法
  
履修のポイント
留意事項

授業評価
評価は以下の2点で行う。
1)講義内容につき、レポートを提出してもらう。
2)出席および演習参加の授業態度を重視する。

参考文献
矢野 聡、『保健医療福祉政策の変容』、ミネルヴァ書房、2009年


学部・学科必修/選択の別
健康科学研究科              看護学専攻                修士課程 選択
健康科学研究科              保健福祉学専攻              修士課程 選択

2014/09/16 11:32:17 作成