授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 社会心理学特殊講義1−1
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
担当教員名及び
連絡先

浅井 千秋
授業の目標
 この授業では、我が国における政治意識分野における世論の構造を社会心理学およ
び社会学の視点から取り上げる。従来のマス・メディア効果モデルが追求してきた読
者・視聴者たる有権者認知や評価態度に影響を与えるメカニズムだけでなく、社会学
者ハーバーマスが唱える「公共性の構造転換」や「コミュニケーション的行為の理
論」をベースにしながら、日本社会における「新しい市民社会論」の可能性や、法の
正統性が討議的に民主的な法制定過程、いわゆる「熟慮の政治」実現に向かっての多
くの壁を文化的・制度的に考察していく。
成績評価の方法
  
履修のポイント
留意事項

 学部で、マス・メディア論やマス・コミュニケーション論を履修、また、同時、履修し
ていることが望ましい。その他の場合、毎週の課題に基礎文献の購読が追加されることに
なるので、時間配分計画をじっかりとして、履修して欲しい。
学部・学科必修/選択の別
文学研究科                コミュニケーション学専攻         博士課程前期 選択

2014/09/16 11:32:17 作成