授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 国際関係理論特論2
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
担当教員名及び
連絡先

杉山知子 准教授 
授業の目標
国際関係理論特論2では、国際関係理論特論1に続き、国際関係理論の基礎知識を
身につけ、理論を批判的に評価する眼を養うことを授業目標とする。具体的には、
リアリズムやリベラリズムなどの思想的流れをくむ国際関係の諸理論の系譜につい
て、その歴史的背景を踏まえながら批判的に検討し、現在の国際関係理論の論争の
争点整理と批判をおこなう。特に、平和と安全保障の分野における国際関係理論を
中心に考察していく予定である。また、アメリカで議論されている国際関係理論を
中心に授業を進める予定であるが、国際関係理論に限定せず、政治学の定量的、定
性的方法論や実証主義を用いないアプローチについても議論をしていきたい。
成績評価の方法
  
履修のポイント
留意事項

英書、専門書、学術論文を大量に読む予定である。これまで英書や学術論文を読む機会
の少なかった学生は、英書や学術論文に慣れ、要点を把握することが出来るよう努力し
てもらいたい。
学部・学科必修/選択の別
政治学研究科               政治学専攻                博士課程前期 選択

2014/09/16 11:32:17 作成