授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 環境汚染解析特論
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
担当教員名及び
連絡先

大江俊昭
授業の目標
     Behind the increase of global energy consumption, localized 
environmental impacts have been reported with heavier and unremediable 
damage. If the behavior of hazardous substances is predictable prior to 
the pollution is actually occurs, provision against the impacts can 
effectively be considered.  This lecture gives an opportunity to learn 
about the overall procedures of migration analysis of such substances in 
the geosphere. An example of chemical pollution is taken up for 
understanding the analytical methodologies including groundwater flow by 
assuming the Darcy’s law and chemical reaction in equilibrium.  The 
finite control volume method is mainly used for the combined analysis of 
physical migration and chemical reaction simultaneously.  The analysis is 
performed based on the fundamental knowledge of geology and mineralogy as 
well.  The attendants of this lecture are thus required to have basic 
knowledge and interest of earth science.   

成績評価の方法
  
履修のポイント
留意事項

 大学院の講義であるから受動的な姿勢は認められません。主体的に課題を解決する姿
勢で講義に臨んで頂きたいと思います。講義では、予め各人にテーマを与えて、それを
解いていくプロセスを重んじていますから、そのためには、予習が不可欠です。
 講義の中では、数学、化学、物理の知識は当然として、コンピュータの知識も有るこ
とを前提に進めます。特に微分方程式とその数値解法に関しては、本講義では必須の知
識であるので、十分に理解した上で履修して欲しいと思います。
学部・学科必修/選択の別
工学研究科                応用理学専攻               修士課程 選択

2014/09/16 11:32:17 作成