授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 結晶解析学特論
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
担当教員名及び
連絡先

ブンダリッヒ・ビルフリド 准教授 湘南校舎G館2階(第12研
究室)内線4212
授業の目標
 多くの固体材料は、物質を構成する原子が幾何学的に規則的な配列を繰り返す結
晶となっている。従って、固体材料を活用するためには、結晶構造を理解し、さら
に、材料分析法により材料の特性を評価する必要がある。
 そこで本講義では、結晶学を復習すると共に、結晶への理解をより深める。さら
に、X線回折法や透過型電子顕微鏡(TEM)を用いた結晶解析法を学ぶ。また、分析
機器の高度な選択能力も身に付け、一般的に使用される分析機器の原理を理解し、
典型的な分析データを読む力を身に付ける。

成績評価の方法
  
履修のポイント
留意事項

材料科学科開講科目、材料分析法などと密接に関連している。X線回折法による結晶解析
法は他の講義でも取り扱う。
学部・学科必修/選択の別
工学研究科                金属材料工学専攻             修士課程 選択

2014/09/16 11:32:17 作成