授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 エアロダイナミックス特論
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
担当教員名及び
連絡先

円能寺 久行 教授
高倉 葉子 准教授
岡永 博夫 准教授
授業の目標
エアロダイナミックス(空気力学)は流体力学の一部として、空気の流れに関連し
て種々の原理的・応用的現象に関係します。この講義では、エアロダイナミックス
に関して複数の教員が、各自が関係する分野において有意義かつ興味深い話題を取
り上げて、講義を行います。これによって、該当分野における世界最先端の技術を
学ぶことを目標とします。
具体的には下記の項目を取り上げます。

(1)CFDを用いた空力解析の基礎と自動車などへの応用および
  スポーツで用いるボールの空力特性(非圧縮性流体)

(2)風車の空気力学:発電用風車の種類・構造・性能 

(3)圧縮性流体の数値計算:衝撃波現象と高精度スキームの可能性
成績評価の方法
  
履修のポイント
留意事項

流体力学を復習しながら履修してください。
学部・学科必修/選択の別
工学研究科                機械工学専攻               修士課程 選択

2014/09/16 11:32:17 作成