授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 海運経済システム特論2
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
担当教員名及び
連絡先

篠原正人
授業の目標
海運経済システム特論1をベースに、さらにそれを深めることを目標とする。
海運の各分野について、世界であるいはわが国で課題となっている事項をケースス
タディとして取り上げ、学生による発表を踏まえディスカッション形式で授業を取
り進める。
特に市場構造、市場行動、市場成果の3点について考察する目を養う。
また、各国の海運政策についても概観し、わが国の海事産業発展のためにいかなる
政策が必要となるかを考察する。
成績評価の方法
  
履修のポイント
留意事項

学生が自主的に授業を取り進めるという方法をとるので、事前の下調べが必須である。
これにより論理性、発表能力、分析能力を養う。
学部・学科必修/選択の別
海洋学研究科               海洋工学専攻               修士課程 選択

2014/09/16 11:32:17 作成