授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 地域メディア特論
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
担当教員名及び
連絡先

吉村卓也
M1017 内線474
授業の目標
現代においては、メディアも巨大化し、世界中の情報が日本の隅々まで難なく届けら
れる状況にある。
衛星や通信網の発達により、世の中の大きな動きが片田舎でも到達する。資本主義の
中のメディアにとって、資本の集積する地域で作られたコンテンツが世界中に届けら
れる。そのような中で、地域とそこに存在するローカルメディアはどのように関わ
り、メディアは地域の発展にどのように貢献できるのか。実際に北海道の地域で活躍
するメディアを例にとりながら、地域とメディアとの関わりを考える。

履修者の研究テーマに応じ、上記の観点から履修者に適した課題を設定し、学期を通
して個別に設定したプロジェクトに取り組む。
成績評価の方法
  
履修のポイント
留意事項

「地域から情報を発信する」、「地域のために貢献する」ことを常に考えてほしい。
修士課程在籍者の個別な研究テーマに対応し、メディアとの関わりを考えるので、積極的
に自らのテーマについて説明してくれることを望みます。
学部・学科必修/選択の別
国際地域学研究科             国際地域学専攻              修士課程 選択

2014/09/16 11:32:17 作成