授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 環境情報特論
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
担当教員名及び
連絡先

竹中践 東海大学生物学部生物学科教授
授業の目標
地域環境問題のもたらす様々な影響を評価するためには、現状を把握するためのデータ収
集・データ処理およびそれらの結果に基づく将来予測が不可欠である。データ収集の方法
から、統計学的解析によるデータ処理の方法、および将来予測のためのコンピュータシミ
ュレーションまで、環境情報を定量的に扱う一連の手法について詳説する。
成績評価の方法
  
履修のポイント
留意事項

地域環境問題の現状を把握するためにはデータ収集・データ処理およびそれらの結果に基づく将
来予測が不可欠である。データ収集の方法から、統計学的解析によるデータ処理の方法、および
将来予測のためのコンピュータシミュレーションまで、環境情報を定量的に扱う一連の手法につ
いて詳説することから、そうした方面に関心を持って講義に望んでいただきたい。
学部・学科必修/選択の別
国際地域学研究科             国際地域学専攻              修士課程 選択

2014/09/16 11:32:17 作成