授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 国際地域学特別演習1
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
担当教員名及び
連絡先

研究指導教員および研究指導補助教員
授業の目標
1年次前期演習としての国際地域学特別演習Tは、大学院修士課程の入門としての演習科目
であり、平行して履修する個々が選択する関連講義科目としての特論を複数受講しなが
ら、しだいに研究する焦点を絞りつつ、より専門性を高めていくことになる。そうした意
味で、演習Tは将来目指す大学院での研究活動のスタ−トとして指導教員と小人数のまさ
にマンツ−マンで問題発見していくための重要な科目となる。
成績評価の方法
  
履修のポイント
留意事項

国際地域学に関するより多くの文献を輪読しつつ、研究対象の絞込みと修士論文の方向性を徐々
に固めていくことになる。演習Tは、そうした最初の入門演習としての位置付けとして重要な役
割を果たす。将来の修士論文作成を想定しながら、先ず国際地域学特別演習Tが開始される。次
年度には修士論文指導Tが次のステップとして控えており,修士論文指導を控え,演習T、演習
Uにおい手しっかり修士論文の方向性を見定めつつ、それに向けた準備段階である。着実に研究
成果を生み出すなかで、最初の演習Tは大きな意味ある演習となろう。
学部・学科必修/選択の別
国際地域学研究科             国際地域学専攻              修士課程 必修

2014/09/16 11:32:17 作成