授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 植物培養学特論
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
担当教員名及び
連絡先

竹内 裕一
授業の目標
植物を取り囲む地域的または地球的規模での環境変化は、近い将来の農業および陸
上生態系に大きな影響を及ぼすと考えられる。これらの環境変化に対応して、新し
い農業作物の育種や改良が望まれるが、その点において植物の組織培養技術は重要
であると考えられる。本講義では、「分化全能性(totipotency)」を中心に、カル
スの誘導と維持、器官形成、懸濁培養、不定胚形成、プロトプラストの単離と培養
について学習し、植物の組織培養における「分化全能性」の持つ意義について理解
を深めることを目標にする。
成績評価の方法
  
履修のポイント
留意事項

教科書の関連する部分の輪読を含む。
学部・学科必修/選択の別
理工学研究科               環境生物科学専攻             修士課程 選択

2014/09/16 11:32:17 作成