授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 信号処理特論
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
担当教員名及び
連絡先

津田良一

授業の目標
本講義は、ディジタル信号処理の基礎から応用に関する内容について演習を交えて
講義する。アナログ信号とディジタル信号処理の違い、AD変換、標本化定理等の基
礎を学んだ後に、周期信号、非周期信号に対するフーリエ変換、線形予測法、その
他の周波数領域解析と、各種の時間領域解析について講義する。講義の中でコンピ
ュータによる各種周波数解析プログラム作成演習を行う。
成績評価の方法
  
履修のポイント
留意事項

1)先修条件は設定していない。

2)輪講形式の授業である。
  割り当てられた箇所を事前に予習しておくこと。

学部・学科必修/選択の別
産業工学研究科              情報工学専攻               修士課程 選択

2014/09/16 11:32:17 作成