授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 詩と音楽の理論特講
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
担当教員名及び
連絡先

梶井龍太郎
授業の目標
ドイツの詩と音楽というテーマで、詩と音楽の関係を考える。そもそも音楽と言葉は(器楽においてさえも)
互いを切り離しては考えられないほど密接な関係を持ったものであるが、ここでは、とりわけ詩が音楽の中で
重要視されるドイツリートについて研究する。(作品の中での詩の役割を検証しながら、ドイツの生活、風土
を体験することをこの授業の目標としたい。)                
具体的には、ドイツの春夏秋冬、ゲーテとハイネ、ビールとワイン、ウイーンとベルリン等々毎回違ったテー
マで作品を取り上げていく。さらに時間があれば、オペラやオペレッタ、民謡、流行歌等を通してドイツをは
じめとしたヨーロッパ各国の音楽作品を研究する。   

成績評価の方法
  
履修のポイント
留意事項

授業の中で次回までの課題を与えるので、そのことについて研究して次回の授業で発表する形式をとる。期末試験は
行わないが、随時レポートの提出を求める。
学部・学科必修/選択の別
芸術学研究科               音響芸術専攻               修士課程 選択

2014/09/16 11:32:17 作成