授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 絵画制作研究A
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
担当教員名及び
連絡先

 滝波重人 教授

教養学部芸術学科美術学課程準備室

内線3470

授業の目標
 絵画表現研究の授業は、絵画制作の上で本画制作に入る前の、いわば建築の土
台施工にあたるカルトン(下絵)の制作方法について研究し学習する。
 カルトンは大きく分けると、自分が描こうとする絵の構想を具現化する構想カ
ルトン、その構想カルトンを基に画面の中の一つ一つのものの形、及び色を描出
する部分カルトン、その部分カルトンを構想カルトンに従って組み上げ本画のス
ケールに引き伸した最終カルトンの3つパートに分けることが出来る。この構想
カルトン、部分カルトン、最終カルトンはそれぞれ繋がりを持ちながらも,各
パートは独特の意味内容を持つ。その意味内容を、研究と制作を通して学習して
いく。
 絵画表現研究Aでは、カルトンの作例の研究と構想カルトンについて学習して
いく。


成績評価の方法
  
履修のポイント
留意事項

 研究と学習によって得た事柄を、自らの制作に反映させることが大切である。
制作への真摯な取り組みを期待したい。


学部・学科必修/選択の別
芸術学研究科               造型芸術専攻               修士課程 選択

2014/09/16 11:32:17 作成