授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 絵画制作研究B
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
担当教員名及び
連絡先

河野 孝博 教授
教養学部芸術学科美術学課程 美術学準備室
内線:3470
授業の目標
絵画を制作する上での「エスキース」について考える。ここでは作品制作に至るま
での過程のことを問題にしたい。まず、発想を具体的に見える形にする、という意
味でエスキースがある。それは単に下図ということではなく、制作意図を明確にす
るということが目的である。最初の単純な素材によるデッサンから始まり、構図、
色などの問題を経て、本画へと移行していく一連の工程のスムーズなつながりの中
から、制作意図がだんだんと明確になっていくことを実感してほしい。主に紙を支
持体に、様々な方法によるドローイングにより探っていく。
成績評価の方法
  
履修のポイント
留意事項

授業では実際の課題制作が主な内容となるが、その他に、実際に美術館や図書館に足を
運び、参考資料などを観る機会を持つことが大切である。特に近代の画家が作品制作に
かかるまでの過程で、どのようなことを考えたのかを探ることが、今後の各自の制作に
とって重要なこととなる。
学部・学科必修/選択の別
芸術学研究科               造型芸術専攻               修士課程 選択

2014/09/16 11:32:17 作成