授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 彫刻制作研究B
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
担当教員名及び
連絡先

吉村 維元 准教授
教養学部芸術学科美術学課程 美術学準備室
内線:3470
授業の目標
  造形という行為は通常、人が意思を持って成すものをさすが、絵画・彫刻に限
らず広く見れば実に多くの場面で出会うものである。その内の特に物に関わる度合
いの強い部分に焦点を当て、検討する。すなわち具体的な素材に働きかけて目的と
する姿を得ることを「形にする」というが、どうすればそれが可能になるのか、ど
んな意味があるのかを尋ねる。そしてこの範囲の中で技量が持つ役割にも注目をす
る。
成績評価の方法
  
履修のポイント
留意事項

造形美術は語ること、見ること、作ることが大切であるが、事実上バランスを取るの
は大変難しいことである。ともすると偏りがちである。しかし仮説がたてられるならば
大抵のことには立ち向かうことが出来るはずである。自立心を養成すると同時に、一方
的にならずに多くを受け入れうる素地を形成してもらいたい。

学部・学科必修/選択の別
芸術学研究科               造型芸術専攻               修士課程 選択

2014/09/16 11:32:17 作成