授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 ビジュアルデザインB
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
担当教員名及び
連絡先

大曲龍太郎 講師

教養学部芸術学科でザイン学課程準備室

内線3450

授業の目標
本科目では、ビジュアルデザイン・インパクトについて研究する。視覚伝達デザイ
ンは「知の移転(ある人の考えを、他者の脳へ転写すること)」のプロセスを分析
したり、再編集したものの一瞥性にある。そこにはインパクト(強い印象や衝撃)
があったり無かったりする。「インパクトがある」状態とは、一般に訴求力や認識
効果が高いと言われるが、デザインインパクトにはその方法論や法則がともなうと
思われる。表現方法でアートの一瞥性と共有される点もある。では「理解度とイン
パクトは連動するものか」というとその限りではない。また、書や言語は一瞥性よ
りも時間性が大きな役割を担っている。こうした「知の移転の一瞥性」と「インパ
クトと理解度の関係」には、テーマに対する作法の風または風流というような段階
的デザインが潜んでいることを考察していく。


成績評価の方法
  
履修のポイント
留意事項

この授業は、人間の視覚能力がもたらす「感性と理性への働きかけ」を学ぶ一つの方法
論である。特に情報を発信する側にとっては、多様性の中の視覚の切り口と言って良
い。

学部・学科必修/選択の別
芸術学研究科               造型芸術専攻               修士課程 選択

2014/09/16 11:32:17 作成