授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 デザイン造形A
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
担当教員名及び
連絡先

神山 明
教養学部芸術学科デザイン学課程
内線3450

授業の目標
 造形表現のプロセスを考えるとき、いかにして形を決定し、どのように対象を描
いていくのかということは、感覚的な個性によるところが大きいが、決して漠然と
した個人的な感性によるものばかりではない。形を構成し、空間を表現していく手
法は、先人の優れた前例にその多くが示されており、その手法の研究が優れた造形
表現を成すための基盤となろう。
 本授業では、造形における形の構成手法、また平面における空間の表現手法等
を、その理論的背景を考察しながら研究していく。事件的な作品制作を含めて、造
形の基本には何があるのかを探っていきたい。


成績評価の方法
  
履修のポイント
留意事項

 授業では段階的なスケジュールに沿いながら、実際に作品を試作することになる。授
業時間は集中して課題に取り組み、授業時間以外にも、制作準備と復習等に主体的な努
力が望まれる。


学部・学科必修/選択の別
芸術学研究科               造型芸術専攻               修士課程 選択

2014/09/16 11:32:17 作成