授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 建築構造材料特別演習
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
担当教員名及び
連絡先

・担当教員:渡部 憲
・連絡先 :内線4232
授業の目標
単なる試験機の操作法やマニュアル通りの測定法の習得にとどまらず、実験によって
見出される建築材料の振る舞いの本質的な理解を深めること、実験や報告に関わる英
文に親しみ、スキルアップすること、将来自主的に研究実験を行う上で必要となる実
験計画・測定原理、データ解析の基本を習得することを目標とします。
本講義で習得できる構造材料に関する知識はそのまま施工管理業務で活かすことがで
きるほか、作業の安全性確保に関する意識や計画立案・工程管理能力などを身につけ
ることができ、有意義なインターンシップを経験する一助となることが期待できま
す。
成績評価の方法
  
履修のポイント
留意事項

参考となる教材は、以下のとおりです。
・建築材料実験用教材(日本建築学会)
・建築工事標準仕様書・同解説(日本建築学会)
学部・学科必修/選択の別
工学研究科                建築学専攻                修士課程 選択

2014/09/16 11:32:17 作成