授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 画像処理特論1
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
担当教員名及び
連絡先

岩崎洋一郎
授業の目標
 本講義では,画像処理の原理を理解した上で,C言語を用いて画像処理が行える
ようになることを目標とする。内容は画像から画像への変換,および,画像解析の
前段階までの処理を中心とする。
 画像処理技術は,画像を取得する手段や照明等の条件設定から始まり,見やすい
画像への変換処理,人間の視覚機能を代行する認識処理など幅広い。その応用分野
も,パターン検査,ロボットの視覚,ナンバープレート認識,交通流計測,リモー
トセンシング,指紋などによる個人認証,医用画像による診断支援など,多岐に亘
る。本講義では,画像処理の各手法を学びながら,画像処理のプログラミング演習
を併用して行う。この授業方法により各種処理手法の原理を理解し,それを活用す
るスキルが身に付く。

成績評価の方法
  
履修のポイント
留意事項

 本授業では画像処理のプログラミング演習を行うので,C言語によるプログラミングの
知識を必要とする。

学部・学科必修/選択の別
産業工学研究科              情報工学専攻               修士課程 選択

2014/09/16 11:32:17 作成