授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 鉄筋コンクリート構造特論
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
担当教員名及び
連絡先

鹿田光一
授業の目標
本科目においては、学部において修得した鉄筋コンクリート構造のメカニズム、力
学特性について理解を確認した後、受講者に個別に設定された外力・荷重条件の
下、実用的な構造物の設計課題に取り組み、鉄筋コンクリート構造物の設計実務へ
の応用力を養うことを目標とする。その為、学部科目である鉄筋コンクリート構造
力学における各種設計理論のレビューを実施した後、設計への適用を前提とした演
習を通じてその理解を再確認し、実設計問題への基本的な対応能力の習得を図る。
その後、受講者個別に、実用性の高い鉄筋コンクリート構造物を想定、構造関係技
術基準等を通じてパラメーターを設定、構造物の設計課題に取り組む。また得られ
た成果については、プレゼンテーションによる最終報告を要件とする。
成績評価の方法
  
履修のポイント
留意事項

各回における内容はすべて設計課題に関連するため、原則的に欠席は認められない。た
だし、健康上の理由・就職活動などによる止む負えない事情によるものについては、何
らかの方法で出来るだけ事前に連絡の上、対応を相談すること。


学部・学科必修/選択の別
産業工学研究科              社会開発工学専攻             修士課程 選択

2014/09/16 11:32:17 作成