授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 ヒートアイランド特論
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
担当教員名及び
連絡先

担当教員:田中 聖人
連絡先:担当教員研究室
授業の目標
ヒートアイランドと称される都市の温暖化が問題となっている。都市の中心部が最
も高い温度となり、都市外縁部へ行くにつれてなだらかな温度低下をきたす現象で
あり、ヒートアイランド現象と言われている。ヒートアイランド現象は、都市の熱
環境の悪化をもたらしている。熱中夜の増加、真夏日の増加による熱中症患者の増
大、クーラ使用時間の増大等が顕著な事例として挙げられる。本講義では、このヒ
ートアイランド現象の生じるメカニズムならびにそれにより生じる問題現象改善の
方策を学ぶ。講義の前半では、温暖化の実態を示すとともに、ヒートアイランド現
象理解のための熱収支の考え方を学び、後半では、各種ヒートアイランド対策の温
度低下作用を学び、特に緑化による気温低下の効果を実測により確認する。以上よ
り、ヒートアイランド現象とその改善策を理論的に理解考察できる力を養成する。
成績評価の方法
  
履修のポイント
留意事項

教科書は使用しない。資料を配布する。熱現象についての基礎知識を復習しておくこ
と。日頃からヒートアイランドに関する新聞記事等に目を通し、授業において積極的に
話題提供を行うこと。
学部・学科必修/選択の別
産業工学研究科              社会開発工学専攻             修士課程 選択

2014/09/16 11:32:17 作成