授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 建築構造設計演習2
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
担当教員名及び
連絡先

担当教員名:柏木光博

授業の目標
現実の構造設計課題に取り組む訓練を積むことにより、今までに身につけた知識
を確かめるとともに、それまでに学んだことを生かしつつさらに発展させ、課題を
把握し解決する能力を身につけ、感性・創造性を養うことをめざす。
構造設計課題テーマに沿って、院生は自主的、積極的にそれを遂行する。ここで
は、建築構造設計演習Tで構造設計した課題の構造計算を2次設計まで完成させる。
授業時間外にもシラバスに沿って努力するよう指導する。最後には、構造計算ソフ
トによって計算結果を確かめる。
成績評価の方法
  
履修のポイント
留意事項

授業時間外にもシラバスに沿って努力すること。


学部・学科必修/選択の別
産業工学研究科              社会開発工学専攻             修士課程 選択

2014/09/16 11:32:17 作成