授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 海洋鳥類学特論2
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
担当教員名及び
連絡先

河野 裕美
授業の目標
  海洋生活に適応し、機能を特化させた海鳥の環境適応の一端は、刻々と変化する
海洋上に生じる風を利用して移動する効率的な飛翔方法、広大な海域での索餌採食
方法、身を隠す場所のない海洋上での休息方法、そしてこれらの行動時間配分等に
観ることができよう。このような環境適応の過程は、海鳥が生活史を通して最もダ
イナミックな環境変化に直面する幼鳥の独立期に顕著に表れる。近年の様々なデー
タロガーの開発と小型軽量化は、これらの未知であった飛翔方法や速度、採食海域
と潜水深度、休息方法とそのパターンといった行動の詳細な記録と解析を可能に
し、海洋における海鳥の生態、さらには幼鳥の海洋環境への適応過程などを解明し
つつある。
 本特論2では、バイオロギングによる最新の論文を精読すると共に、西表島周辺
海域で繁殖する海鳥から集積された解析データを概観し、海洋に適応した海鳥の生
態と行動に関する理解を深める。

成績評価の方法
  
履修のポイント
留意事項

バイオロギングにより解明されつつある様々な動物の生態と行動等について、一般的な
書籍、啓発書等に目を通し、理解を深めておくと良い。
学部・学科必修/選択の別
海洋学研究科               水産学専攻                修士課程 選択

2014/09/16 11:32:17 作成